メキメキと効果が現る|ビタミンC誘導体が入った化粧水が話題

使い方のポイント

クリームを塗る人

使う量を調整する

オールインワンゲルはオールシーズン使用できる総合化粧品です。たったひとつで基礎化粧品すべての機能があります。オールインワンゲルを使うときに気を付けたいのが、季節に合わせて使う量を調整することです。湿度が高い季節と乾燥する季節では、肌のコンディションがまったく違います。オールシーズンいつも同じ量だけつけると肌が乾燥することがあります。乾燥した季節はいつもよりも多めに付けるなど工夫することが大切です。基本的にオールインワンゲルは多めにつけるほど保湿効果が高くなります。化粧水をつけて保湿効果を高めたい場合は、ゲルを使用する前に塗るのがポイントです。ゲルをつけてから化粧水をつけても浸透しないので注意が必要です。

目的にあったゲルを選ぶ

乾燥肌・敏感肌には、保湿効果が高いオールインワンゲルがお勧めです。高濃度セラミドや高分子ヒアルロン酸などが配合されていると、保湿効果が高くなります。皮脂腺が少ない目の周りや口の周りなどの乾燥しやすいエリアは、オールインワンゲルを重ね塗りすればなお効果的です。美白を目指す人には、美白成分を配合したオールインワンゲルがあります。ビタミンC誘導体やアプレシエには、メラニンを分解したり、メラニンを還元したりする美白効果があります。シミやくすみを改善して肌に透明感を出したい人にお勧めの成分です。美白美人を目指すなら、オールインワンゲルを塗ったあとにしっかりUVカット効果がある化粧下地を塗ることが大切です。